忍者ブログ
プロフィール
HN:
whitewolf
年齢:
29
性別:
男性
誕生日:
1987/10/12
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カウンター
最新CM
ブログ内検索
アクセス解析
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2017/04/26(Wed) 09:12:30



VF-84をTwitterにあげた時、ある程度何かしら反応があるかと思ったらそうでもなかった。
F-14Aも塗装によっては纏まりがなかったり派手さが抑えられていたり難しいからね。

そこでどうせIRIAFや他も手を付けたのだからとVF-33共々一新しようと決めた。
残せる所、使える所を全て使いきって一番新しいモデルの方に移す形にしている。

年代的には1991くらいまでで統一したかったのだけれど、既にリリースしているVF-154が2003年だったかな。
割りと地味めの塗装になりつつあった時代のF-14Aの面影を背負ってたのが印象的。

今回入れる予定のA型ラインナップにあるVX-4もVF-33もVF-84もVF-41も往年の塗装が格好良いグループ。
でも反面、VF-154やVF-143なんかはロービジに移行してしまっているし、続くB型系列もロービジが主体になると思う。
そもそも1990年台の初頭からハイビジという風潮が薄れ始めていって、記念だとかCAG機だとか
ちょっとした行事に纏うべき礼服のような物になり変わっていってしまっている。
そういう点ではどの機体も一緒かな?


2013/12/12(Thu) 10:11:22
アラブの方面に有る人名からなのか「AliCAT」と外では呼ばれてるみたいです。
ペルシャ猫とか言ってるのは日本人だけなのかな。

まぁそれは兎も角。
F-14もVF-33やらVF-84やらアップデートしなければいけないんですが、何処まで手を付けたか解らないMQOファイルが多いので、マーキングとかは流用が効くんですけど結局殆ど1から作るに等しい状態になってて、なんというかメモしておけば良かったかなぁと…。

そんな中でイラン空軍のF-14が目に止まった訳ですね。
F-14もA型を揃えるとなると、IRIAFには80機程度所属していて、カラーリングから3機程絶対に作らなければいけないのですが…Twitterではちょっと喋ってたんですがどうも兵装が良く解らないと。



まずこいつ、80年台中盤まではこのデザートマウンテンスキームなんですが搭載兵装がホーク地対空ミサイルで、こいつを装備したまま飛んでいる画像がこれ以外に1枚ある程度。まぁこれくらいならフェニックス満載したトムキャットが居た位ですから誤差の範囲内かな?とも。
この馬鹿でかいホークを火器管制装置が認識してくれればって事と、そもそも空対空と地対空で射出シークエンスがまるで違いますから、ミサイルを下方に打ち出せない以上母機とどう距離を取るのかっていう所が謎なくらい。
フェニックスばらしてそのままコンピュータだけ移設するなんて出来なそうですし。

ま、YSFSですから細かい所抜きにして搭載させられるようにしてもいいかな?と思える分、まだコレはいいんですが…



問題はこっち。
F-14Aに対して1箇所のハードポイント(スパロー装着用のパイロンを抜いた状態の所)にアダプターを噛ませてR-27R1(?)を搭載している画像。ただこのままだとR-27R自体のコントロールフィンがギアドアに思い切りブチ当たるので、クリアランスが確保出来ないから無理じゃん!とか。

結局これは恐らく、片側のギアドアに掛かる部分のフィンを取り外している可能性が高いので「搭載出来るぞ」と言いふらして”我が国のF-14Aはまだ高い水準を維持している”的なニュアンスなのかなーと。まだ中国製スパローもどき(アスピデ)を運用してるとかなら信憑性も高いんですが、如何せんこれだけアダプター噛ませたら荷重制限も食らいますしうーん…。
一応試験的に搭載させて問題なさそうなら1985~のウォーターブルースキームはR-27R1かなぁと考えてます。

後は最近出たF-14AMに関しては武装周りが確認出来ないのがネックです。
ここらへん情報欲しいですね。

アドバーサリーは既に出来上がり、ギア周りの修正も完了しつつあるのでそちらを先行配信してイラン空軍バージョンは少し後にリリースする形になるかなと思います。
2013/12/06(Fri) 10:05:50
お久しぶりです、whitewolfです。
weapon skin collection等の現在当ブログで扱っているコンテンツのファイル置き場を変更致します。

一時的にファイルDLが出来ない状況が続くかもしれませんが、あくまで一時的対処になります。
ファイル保管先は朝飯中隊駐機場様のサーバをお借りしての運用となります。
快く承諾していただきましたClubRaptor氏に感謝致します。

また兵装ファイルに関しての共通設定を設け、機体製作者側との連携を強める意味も含めて調整しますので
YSアップデートに伴ったWSCの周知事項に注意の程よろしくお願いいたします。



//また、ここをこうしてほしい等製作者側での意図を反映することも可能ですのでお気軽にご連絡下さい。
2012/06/05(Tue) 23:45:57
要望の中のだけどさ。

o F-4E(エースコンバット・ゼロ:Silber) o F-16C(エースコンバット・ゼロ:PJ,Silber) o Su-37(エースコンバット・ゼロ:Gelb) これらは今のところ作る予定でいる。 ていうかそのためのF-16J改修だし、そのための原型整備だから。 Gelbの37は資料が微妙だから出来るかわからないけどもって所かなぁ・・・。 資料がないなんてレベルじゃないので蹴っておく事にした。 先行き不透明なまま放置るより蹴った方が幾分マシだろう・・・。
2009/02/06(Fri) 00:16:00
H2Aローンチパッドとか周囲の施設は一応作成候補に入っとりますが。

STPいくつか増やしてAC4よろしくソラノカケラってのは出来なくはないです。
一応言っておきますが。


2008/11/05(Wed) 23:38:39
PR
忍者ブログ [PR]

Designed by A.com