忍者ブログ
プロフィール
HN:
whitewolf
年齢:
29
性別:
男性
誕生日:
1987/10/12
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カウンター
最新CM
ブログ内検索
アクセス解析
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2017/09/26(Tue) 21:49:16

太平洋空軍はアラスカ、エルメンドルフ空軍基地所属のF-22Aをチョイス。
単純にエドワーズ空軍基地所属のだけだとちょっとつまらないなっていうのが強いわけで。


f925e25f.jpeg


エルメンドルフのは青っぽい塗装を特徴に。




今回リリースする5種のF-22Aはそれぞれ塗装の色合いを少し変えております。
例えばABELLではノーズコーンの塗装が目立たないようにしてあったり、逆にラーズグリーズでは多少目立つ少し明るい色にしてあったり、今回の記事で出したエルメンドルフのF-22Aでは青寄りになってたりという感じで、よく画像で見る事の出来る色を可能な限り多く表現したかったのはあります。

地味に環境とか周辺光とかに左右されやすい(?機体色というか、単純に素材が色を反射しているのか塗装がそもそもその色なのかはちょっと当方としては解らないので応答しづらい部分ではあります。ただ、参考に出来る物といえば実機画像かプラモデル程度なので、それでも出来るだけ多くの画像を見た上で「このくらいだろうか」っていう曖昧な判断で色の決定を行っている部分も多く有りますので「この機体でこの色はおかしい」という所はもしかしたら有るかもしれません。

その場合は宜しければ合う機体色を他のDnmからSRFを抽出してマーキングだけ変更してくれればその機体に一発でなるようにはしてありますのでそういった方向で個人的な好みの色の機体を自分なりに工夫して頂ければ・・・と思っております。改造やパーツ取りに関してこそいい顔は出来ませんが個人的に使う為の改造に関してはその人の自由ですので、ブログやHPといった所での公開さえ避けて貰えればこれといった問題はありません。

316026d8.jpeg


塗装修正前だから帯が少し大きいね。




こうして見ると結構違いますね。

F-22Aってちょっと塗装に個体差が強くて「これだ!」っていう決め方が難しいんですよね・・・。
帯の色とノーズコーンの色が明るかったりした画像を見たかと思えば、今度はキャノピーだけが明るかったり全体が少し青かったり黄色(黄色とオレンジの中間色?)が入っていたりするのでカラーリングに関しては少し地味な物が多いと思いますがリアルモデルの処女作なので多少大目に見てくれると助かります。

2010/09/24(Fri) 05:13:10
この記事にコメントする
NAME
TITLE
MAIL
URL
MESSAGE
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

無題
あの独特の光沢は難敵だよねぇ・・・
同じ機体でも角度光源でまったく違う色に見える。
記憶が確かなら、そういう塗料をつかってるせいだったはずでs

とある模型誌ではプラモに銀粉を擦り付けることであの光沢を再現してましたぜ。
キルヒェ URL 2010/09/25(Sat)18:05:43 編集
兵装について
ここのアドオンはとても精密なところが好きでダウンロードして楽しませていただいています。

兵装のほうをダウンロードしたのですがdummycolorは何に使えばいいですか?
あと、~_coarse.srfがないのですがこれははじめからの仕様ですか?
オルタン 2010/11/04(Thu)21:44:14 編集
無題
>Sylph

カラーリングでこう、光沢とかイロイロ使えればいいんだけどね…難しくてかなわない。
しかし、銀粉混ぜ込んでやるとは本当に面倒な機体なんだなぁとプラモながらに考えさせられるね。

>オルタン氏
どうも初めまして。
精密さというには少しお粗末かなとか思ったりもしますが嬉しく思います。

さて、えー…ミサイルに関してですが、ダミーカラーは単純な話を申しますとエアショウ等で展示されている機体が搭載しているキャプティブ弾等のダミーミサイルのカラーリングをYSFSでもという話で、ちょっとしたフライトなんかで例えば「F-15JにAAM-3のブルーカラーで訓練仕様と言うちょっとコアな使い方もして頂けます」という話です。

当ミサイルパッケージにおいては、WSCのディレクトリ下に各国略称に加えCoarseフォルダがあると思いますのでそれを用いて頂ければお使い頂けます。
ただ、このパッケージにおいてはそれぞれのミサイルの形状を持ったCoarse.srfを用いておりません。
まず一つめにその遠景を利用する場合WSCを入れずとも問題ないのではないか。
機体を眺める際に明確に見える程度でいいのではないか…等、多々の考えがあっての元完全に割り切ったパッケージにさせてもらった訳で、今後も独立させたCoarse.srfは作っていくかどうか解りませんので悪しからず…。

元を辿ると動画で制作者が一定した仕様を持って制作したミサイルパッケージを私自身が欲した事に端を発します故、Coarse.srfについてはあまり熟慮を重ねていなかったのもありますのでその点はご容赦頂ければと思います。
whitewolf@admin 2010/11/05(Fri)05:27:45 編集
ありがとうございます
返答ありがとうございます
確かにダミーミサイルは飛びませんしね
バグかなと思って質問しました

返答遅れてすみません。
中3でテストが毎週あったのでかなり遅れてしまってすみません
オルタン 2010/11/19(Fri)22:13:43 編集
無題
昨日ブログを閉鎖しました。お手数ですがリンクの削除をお願いします。
RktBs 2010/12/10(Fri)14:56:58 編集
無題
遅れまして申し訳ありません。
当該リンクの方の撤去致しました、ご確認ください。
whitewolf@admin 2011/01/12(Wed)16:04:37 編集
無題
ありがとうございます。お手数おかけしました。

最近YSFSから遠ざかっている自分ですが、こちらのSSを見て久しぶりに飛びたくなりました。すばらしい作品群... 新作楽しみにしています。
RktBs 2011/01/18(Tue)20:08:35 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
PR
忍者ブログ [PR]

Designed by A.com