忍者ブログ
プロフィール
HN:
whitewolf
年齢:
29
性別:
男性
誕生日:
1987/10/12
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カウンター
最新CM
ブログ内検索
アクセス解析
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2017/04/25(Tue) 04:10:19
何かに使われる暗号文のような題名ですが引き続きラファールです。

6f4cbad7.jpeg

手前からC/M/B。
色の微細変更をかけてグレー地ブルー系に統一。




海軍航空隊空母艦載機型であるM型も空軍航空隊地上基地配備型のB/Cも基本はグレーです。
GACにあるタイプの迷彩をかけてるラファールは実存してないんですね。モックアップ模型か何かでB型及びC型の擬似的実践塗装を施した状態がたまたま迷彩だったというだけだったかと思うのですがちょっと調べてないので解らない部分があります故御了承を。

ともかくEC.1/7プロヴァンスに関してはB型通常配備塗装を再現したのでそろそろリリースになりそうです。
ただまぁ問題は派手塗装が一切なかった所ですね。

SMTの時はデモンストレーターが既にオレンジだった、Su-27UBはファルコンズオブロシアがあった、T-2/F-1はブルーインパルスがあったと来てるんで何かと思ったのですがイマイチなんですよねぇ。いいのが見つからなければこのままパッケージングしてリリースという形を取らせていただきます。

c4f83418.jpeg


B型ラファールを前から。




B型は複座型のタイプで何故か単座型よりも機数が多いんですよね、フランス空軍だと。普通の思考ならC型120機、B型40機とかの程度で複座を訓練とか長距離侵攻とかに使うもんですがここが逆転している辺りはMirage2000-5とかの兼ね合いなのかなとか思う。ただまぁ機数が機数だからラファールを順次配備しながらMirage2000-5/Nなんかを同時に当てて戦力の拡充を行うと同時に次世代戦闘機である第五世代に関しての性能とか今後の生産方針とか、そういった部分で各国の出方を見たいのが本音なのかもね。

77a56252.jpeg


個人的にB型は好きになれませんね。




キャノピーの後方への流れ方がどうしても頂けないんだよなぁ・・・。
ラファールはマーキングを探すので一苦労、部隊名を知るまでが一苦労だったので当分見たくないです。

ちなみに今期リリースされるラファールM/B/Cの各機それぞれから灯火を新規設定されたCLAに当てていってるので従来通りで操作しても何もおきません。今後随時既存公開機体へ新規増の灯火CLAへ各自修正していきます。対象箇所は上部と下部の衝突防止灯、左右と主翼付け根前方の航法灯、垂直尾翼後方の着陸灯です。(注:空中開始だと着陸灯がONになったまま飛行開始になるのでランディングギアに連動させております、ON/OFF出来ませんのでその点だけ。)
また衝突防止灯等は点滅間隔を映像から把握出来た物以外他国の機体を元にしていきますので宜しく。


2010/04/26(Mon) 16:03:21
この記事にコメントする
NAME
TITLE
MAIL
URL
MESSAGE
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

無題
暇があるときにちょくちょく御拝見させていただいてますが、ラファール順調に仕上がってますね!
前方から見たときの曲線美が好きなのですが、それもしっかり再現されていて、なおかつマーキング類にもこだわっているおかげで機体から躍動感というかそういうものが伝わってくるような気がします。
最近のいろんな方々の作品を見ていると、ただ機体の形を再現すること以外にも、ちょっとしたことで機体全体としての存在感や整合性をとられているので、国内の製作活動が下火になっていても、その実レベル的には上がってきているなぁと感心しています。
この調子で引き続き製作頑張ってくださいネ。ではでは。
ぐれ URL 2010/04/28(Wed)13:13:02 編集
無題
ラファールは大変でしたorz
実在機のみを限定し製作しているものですから実在部隊を探るところからもう挫折しそうでした(笑
機体自体は簡単だったんですけどね。

マーキングなんかは旧態然としたモデルの革命とでも言いましょうか、昔はある程度だったマーキングなんかも現在においては非常に重要視されてきてますね。
そこまでコダワリを持つべき物なのか?と聞かれたらそれはNOですが、機体において重要視すべき部品において大事なのは機体原型だけで無く、塗装一つマーク一つにおいても大事なのだと言うところが広く普及した結果なのかなと思います。
生ポリ故に出来る事をやろうって感じですかね。
ただまぁそろそろ周りの製作者にも考えてもらいたい部分として色々あるんですけど反面自分では力不足でダメですね…。
ぐれさんも新作の方、当方期待しながらマターリwktkして出てくるのを楽しみに待たせていただきます(笑
whitewolf@admin 2010/04/28(Wed)13:43:03 編集
無題
新作は全然時間が取れなくて資料集めすらしていません(汗)
時間がないというのは一種定型句みたいなものですが、今やっていることがYSよりも優先すべきことで、しかも幸か不幸か忙しくも楽しい・充実した毎日なのでYSまでは手が回らないって感じですね。
手を伸ばせばすぐそこに新作のネタが拝める環境にはいるのですがネ…(苦笑)
もし次回作を作るとしたらまたビジネスジェットかと思います。
個人的にはLSA(Light Sport Aircraft)に興味津津なんですけど、速度が遅い機体はYSではあまり使用されないのと、ビジネスジェットが未発達なカテゴリー、ということもあります。
ビジネスジェットの中でもHonda jetと同じくVLJクラスにしようと思っていますが、Citation mustang、PhenomやEclipse、Piper jet…色々目移りしてしまいます(笑)
そんなワケなので期待しないでお待ちください(爆)
ぐれ URL 2010/04/28(Wed)14:06:18 編集
無題
「時間がない」ってフレーズは私もよく使いますが同じ意味ですね、現実世界重視で組み立てて行くことが大事ですしお身体等壊さぬようご自愛の程を。

ビジネスジェットですが確かにあまりジャンル的にコレと言った機体がそう出回ってないのが現状ですね、言われてみれば納得と言ったところでマイクロソフトFSXなんかでは当方でさえも戦闘機より多く使うことがあり、山岳地から都市部まで多くのシーンで活躍したクラスでした。
機敏で素早く高級感のある機体が多く存在感は戦闘機並と言ったところで旅客機派でなくとも目を惹くものが有りますからいい着眼点かと(笑
自身もまた新しく何かできないものかと考えたりする訳ですがイマイチパっとするジャンルが組み立てられないのが現状ですね。といっても、WRCとWSCだけで結構手一杯なクチもありますが(汗
whitewolf@admin 2010/04/28(Wed)21:11:00 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
PR
忍者ブログ [PR]

Designed by A.com