忍者ブログ
プロフィール
HN:
whitewolf
年齢:
29
性別:
男性
誕生日:
1987/10/12
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カウンター
最新CM
ブログ内検索
アクセス解析
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2017/04/29(Sat) 00:52:04
5ec50a7f.jpeg


T-2CCV半完成まで漕ぎ着けました。




なぜ半完成なのかというとベイパー及び武装撤廃が済んでおりません。

ギアドアやら諸々は殆ど済ませたのだけれどもね。
こいつがココまで時間食ったのは一番ネックな部分で上部エアーインテークとカナード基部の付け根に当たるところの上部から見る視点での画像が一切ないからだ。しいていえばT-2CCVでロールでもかましてる所をズームで撮影してあるやつが1枚でもあれば、光の当たり具合から形状算出に当れるんだけれどそれすら叶わぬので仕方なしに限られた視野内から算出させることに。

プラモデルなんかも一応参考にしたといえば参考にした。
んだけどやっぱし解らないね。

19b32fcc.jpeg


殆どのマーキングを備えた状態。




T-2CCVっていうと斬新かつ先鋭的な塗装、格好のいい三面翼形態、そして試験機である事。
この3つって大事だよね、言い換えるとグラマンX-29みたいな格好よさがこれにはある。

さて、上の画像で飛行開発実験団のマークが書かれているのがわかると思う。
これ知っている人居ると思うのだけれどこのT-2CCVExAが用途廃棄になった時に付けられた物だ。テスト中、いわば実験を行うためのフライトをしている時にこのマーキングは施されていないのだ。実践機メインであるGACの流れを大事にしたい部分もある、だがT-2は日本の航空史に残る重要な航空機である事は確かな訳で難しい選択となった。

しかしながら明記すべきは実在する航空機をメインに取り扱う事がここでは第一なので”実在している”マーキングを施して飛行可能状態とすることにした。その証としてこのマーキングを施すことにしたのだ。

17af2e68.jpeg

後はちょっとした変更を行うだけ。
多くのプレイヤーによって飛ばされる日もそう遠くないかもしれない。




ついで記さなければならないのはこの機体よりも前に存在している”T-2CCV”が在るという事。
仮にあちらが1号機とするならばこれは2号機である。

この部分についてはマーキングの一部と下部垂直カナードを移植する事で実装させた。

勿論手を加えたのは言うまでもない、だがこの機が先行試作機#03であるという事を示すナンバリングやシリアルナンバー、CCVマーキングなどは全てGACRpのT-2CCVからのものである。その他マーキングについてはT-2BIの物を少し変化させつつも使うことで無駄手間をカットさせている。

今だから言えるけどこの機体カナード取り付け位置が凄く大変な所にある所為で資料も足らないポリゴンも変えなきゃいけない取り付け部もどう変化させるか考えなきゃいけない、んで出てきたエアーインテークの流れ方違いでまずそこから変えなきゃいけない工夫しなきゃいけない取り付け部も・・・と色々大変な結果だった。
だが殆ど出来上がってしまえばこちらのものでマーキングバシバシ貼り付けてギアドアやらを敷設して終了。

さーてコックピットやってちょっとDatやったらさっさとアグレッサーをやっちまおう。
F-1はどうしようかなぁとか思うんだけれど迷彩が楽しそうなのでやる、けど年内に終るかどうかは仕事次第。
終るかなー、終るといいなぁ。

おまけ。

214537bd.jpeg



ポリゴン配置が設計図みたいになってるのでそれっぽくしてみた。

2009/12/19(Sat) 09:46:10
この記事にコメントする
NAME
TITLE
MAIL
URL
MESSAGE
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

無題
かっこいいですね~GACでこんなクオリティとは・・・
下のポリゴンでどんな形してるのかがわかりやすいです。
icbm 2009/12/19(Sat)14:18:19 編集
無題
GACといっても侮る事なかれ。
フォルムやポリの配置さえしっかりさせればヘタな透明ポリゴンを使った機体よりも美しく表現させる事ができる。
また、GACでは既に既存の実践機が山ほど収録されているから、作者による製作の仕方という違いを除けば基本コンセプト重視で如何様にもなるし、どのようなクオリティでどのようなスタイルにしたいか次第で個性も出てくる。
言い換えればヘタに自前でバリエーションラインを展開させるよりも簡単にGACとリモデルorリペイントとの共通性を見出しやすい。
また、GACがそうであるようにリペイントを含むGACバリエーションとして全体を見た場合、よほど特異的でない限り全体としての統一感も素晴らしいものになる。
私がわざわざ1から作り、透明パーツを使わずに作る一つの理由だね。
whitewolf@admin 2009/12/19(Sat)21:40:26 編集
無題
自分が恥ずかしくなってくるコメントありがとうございましたm(_ _)m
icbm 2009/12/20(Sun)00:08:52 編集
無題
いえいえ。
デファクトスタンダードがGACレベルまで引きあがってしまった現在となっては若干考えも変わるもので、別段恥ずかしいコメントって程でもないですよw
whitewolf@admin 2009/12/21(Mon)02:55:23 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
PR
忍者ブログ [PR]

Designed by A.com