忍者ブログ
プロフィール
HN:
whitewolf
年齢:
30
性別:
男性
誕生日:
1987/10/12
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カウンター
最新CM
ブログ内検索
アクセス解析
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2017/11/22(Wed) 12:22:20
c6272918.jpeg


大変面倒な所をやっております。




小さく非常にスマートな機体なのに詰め込まれているものはその当時の技術全てだったんでしょう。低空飛行に耐え高速で海面を飛行する対艦攻撃機として、または時として対地攻撃機としての性能を要求された機体だからこその技術力といいますか。

当時は国産開発を疑問視する見方が強かった中での開発だったようですが、もしノースロップ製F-5とT-38タロンを購入していたら現在はF-5は退役してるでしょうがタロンは存続してたりしてるんでしょうか。
こういうifを考え出すとキリがないけどね。

1fa5aefe.jpeg

原型整備の80%は殆ど形状再変更に費やされます。
新しく物を付け加えるのは実は塗装した後だったりする。




実はカラーに問題があって視覚的な部分でつけた物のイメージが大きく変わってきたりします。
例えばこの状態でパイロンからアンテナまで正確に作ったとしても若干塗装した時に差が出てきてしまうことが多々あったわけで、実物より少し大きくまたは小さく色の具合を見て形を変える事で全体としての、この戦闘機としてのイメージを強める努力をしていたりする。

実際あまり変わっていないとは思うけれどね。
ついでに言うと塗装モデルはファイルをいくつか複製した後塗装、追加パーツは隙を見計らって原型モデル内で全て一括製作の後、パーツだけ選び取りMQOでドラッグ&ドロップを行って挿入してます。なんでそんな面倒なって思うけどやりなれてるんだよね。

特に苦労したとこ。

00888278.jpeg


生理的嫌悪感すら漂うほどのエンジン排気部分の流れ方。




単純にポリゴンの集まりなのだけれど気持ち悪さが異常な程引き立っている。
毎度思うのだけれどこの流れ方F-4に似てるんだがやはり参考にしたんだろうか・・・。

F-1って「ハードポイントをもう少し増やせなかったのだろうか」とか搭載量においてパイロットはこれで満足したんだろうかとか色々考える所はある。例えば、ゲーム内だけれど戦闘を行ったりするときにこのF-1を使っているとエンジンパワーが足りなくて後少しが踏み出せない結果に終る事が多かったりする。

腕の問題もあるのかもしれないが旋回を続けていると速度が落ち続けてローヨー気味になるし高度的優位性を保てなかったりする。実機はもっとパワフルだったりするもんだがF-1はこれくらいでもいい機体なのかも。
そもそもの用途が用途だしね。


f3b445f0.jpeg


より近くなってきたスマートさと同時に面倒な箇所も大抵おわったと思う。




F-1は飛行隊カラーを取り揃えればいいだけだけれどT-2側の塗装もそれに順ずるか、XT-2とかの関連をどうするか考え物だけれどとりあえずこのまま塗装に入っていこうと思う。

これだ!!ってのがあれば受け付けますよ。
勿論面倒じゃない限りね。
2009/11/19(Thu) 01:01:47
この記事にコメントする
NAME
TITLE
MAIL
URL
MESSAGE
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

無題
長くなるのであまり詳しくは書けませんが、自分の持っている情報によると、F-4を参考にしているのでは?という推測に関しては、その通りです。
重いエンジンを重心近くに設置して、尾翼はモーメントを強めるべく出来る限り後方に設置する、というのが当時の設計思想だったので、同世代で最新鋭のF-4を参考にするというのは全く自然の流れだったと思います。
同世代でも異なる形態はごまんとありますけど、それはその機種に求められたスペックを満たす形態が違った、ということだと思います。
それと画像はT-2のものでしょうか?ご存じだと思いますが、F-1とT-2とでは前部風防が違って、T-2は画像のとおり3分割タイプですが、F-1とT-2BI機はワンピースタイプになっています。
恐らく機体と風防のなじみを出すために先に分割タイプを作っているのだと思いますが(^^;
それと肝心の操縦性に関して言えば、F-1/T-2はF-104とF-86を足して割ったような感じだったそうです。G制限こそ翼端ランチャのせいでF-1が6.5GとT-2の7.33Gに比べて劣りますが、運用上の制限なので応答性が悪いということではなさそうです。
その辺は世界の傑作機などを読むと分かると思うのですが、私はそのような航空雑誌を持っていないので、もっと的確かつ正確な情報をお伝えできないのが残念です。
長文失礼しました。ではでは。
ぐれ URL 2009/11/19(Thu)18:49:23 編集
無題
やはりF-4ファントムが参考でしたか。
同時期の主力戦闘機、攻撃機を見ていくと結構その傾向や思想があったようで面白いもんです。勝手な考えも含めていけばソビエトもアメリカも似たようなもので、結構似たり寄ったりの技術を用いて争ってたりフランスは相変わらずだったりと国事の特性?がよくでている物だと思いますね、個人的に。
国を語るならば人より物である・・・なんてw

あとキャノピーですが画像だとまだ形作りだけなので手入れてませんね、GACタイプのポリ3枚分割ですからこれからやりこむ感じかな?
分割タイプにしても再度形作りをしなければいけませんし、前面ワンピースタイプも全く同じ形状というわけではありませんからね。
操縦性に関してはF-104+F-86*2は結構納得の部類かもしれません。F-1はロール側早そうですからピッチアップ系マニューバーよりもロールマニューバーのが得意そうだし、その点を考えるならばF-104という辺りも納得かと。

世傑のF-1は買おうと思ってたんですけれど近くになかったので仕方なくタイガーミートの航空ファンを買う事に・・・
F-104特集が組まれててちょっと揺れましたけどねw
恐らく次はF-104かな。
whitewolf@admin 2009/11/19(Thu)21:58:24 編集
無題
>フランスは相変わらず
それってデルタ機のことですか?
同国の文化を鑑みてこの一文を読むと、思わず吹いてしまいました(笑)
国を語るならば人より物である。まさにその通りだと思います。

操縦性の補足ですが、マルヨンよりはマイルド、ハチロクよりはシャープ、といった具合でしょうか。
何でこの2機種なのかといえば、両機とも自衛隊で運用されていたので比較対象がその2機になった、ということです。
マルヨンはは分かりませんが、特別ロールレートが速いわけではなくて、パワーのなさから維持旋回は苦手で、相対的にロールの方が得意といえばそうかもしれません。
450kt、MAX ABで急反転したら250ktまで減速するそうです。
この辺が十分にパワーがあるマルヨンとの決定的な差といえそうです。

付け加えて着陸速度ですが、何分昔のことなので忘れてしまいましたが、ノーフラップでの着陸速度は160~170ktぐらいだったと記憶しています。フルフラップだと140~150ktぐらいでしょうか?
フルスパンの単隙間フラップを持ってる割には速い速度といえます。
すみません、好きな機体だけに饒舌になってしまいました(笑)
それと風防の件はまだ未着手でしたか。出しゃばったことを言ったようで、失礼をお許しください。
恐らく塗装はベーシックなものは用意されると思うのですが、やはりBI機は欠かせないですよね。CCV機も捨てがたいですが…。

次の機体?え、練習機繋がりでT-4じゃないんですか?(爆
whitewolfさんのポリゴン並びは流麗なので、T-4の微妙な曲線を再現してくれると信じています(何
ぐれ URL 2009/11/19(Thu)23:08:44 編集
無題
突然ですがCCV実験機型は在りますか?

岐阜基地の航空祭でCCVの実験してたおっさんに会ったとかもうそれは素晴らしい思い出です。
Macな鯖缶911 2009/11/21(Sat)00:20:56 編集
無題
>ぐれさん
その通りでございますw
相変わらずがまたいいんですけどね。

F-104は確かパワー面と上昇力で言えばトップクラスでしたが旋回系が苦手だった気がします。ここらへんはGACのそれと同じかなと思ってますが旋回系マニューバーを行うよりもウィングマンと連携した各個撃破
または搭載ミサイルを用いて撃墜を行う完全な迎撃機タイプでしたから思想的に若干時代は違いますがソビエト寄りな気もします。
時代を超えて”戦闘機としての任務”を終了した現在で、今後新たにサブオービタル機としての活躍も期待されている代物だけに上昇速度とパワーでは余りある程だったんでしょう。

T-4は練習機系列ですけどさすがに戦闘機を1機でも混ぜないと今後の展開で手抜きできなくなるのでw
F-4やF-16、ラファールシリーズにユーロファイターなんかも考慮にいれているのでそっちに流れた時は少し待ってやってください
whitewolf@admin 2009/11/21(Sat)00:27:08 編集
無題
>911鯖管
CCV実験機は考えてますよ。

というか、既にSylphが製作しているけどそれとは時代が違うし製作者も違うからGACらしいあっちと対照的にコレクションらしいやり方で作ろうと思ってる。
期待するならしてくれてもいいよw
whitewolf@admin 2009/11/21(Sat)00:31:38 編集
無題
フラップアップでマルヨン、フラップダウンでファントムとどこかで聞いたときは成る程と思いましたね>着陸速度

まずこれだ!というとT-2のアグレッサー(MiG風で日の丸まで薄消しのやつ)だけど大変そう。
あと地味に印象的なのは6SQが00年の戦競でやった制空迷彩風の塗装のF-1ですかねえ
(実態は通常の塗装にグレーを上から塗ったので迷彩っぽくなったと世傑にあった)。
ttp://www.mamboccv.com/F-1.html
なめれすオムニ 2009/11/23(Mon)03:49:19 編集
無題
これの事かな?
一応候補にいれてあるけど日の丸ごまかすのどこまで上手くできるか解らないなw

とりあえず資料感謝ー。
whitewolf@admin URL 2009/11/29(Sun)09:56:01 編集
無題
今さらになっちゃったけどとりあえず。

はい!それです。
迷彩の境目が曖昧な機体といい確かにボケ表現は難しいものかもしれませぬが。
ちなみに隊員さんが自分で水性塗料で塗ってたために塗りムラだらけになっていたとか。
なめれすオムニ 2009/12/25(Fri)03:30:00 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
PR
忍者ブログ [PR]

Designed by A.com