忍者ブログ
プロフィール
HN:
whitewolf
年齢:
29
性別:
男性
誕生日:
1987/10/12
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カウンター
最新CM
ブログ内検索
アクセス解析
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2017/07/28(Fri) 21:45:37
ず整理含めて考えなければいけない事をいくつか。
滑走路は1500m合計3~2、1000m~500mが1、4000mが1、破壊可能かどうかは2本を残して破壊可能にして4000mは最初か最後の2000mから500mだけ使用不可能にすればいいだけだがSTPからの発進が不可能という限定要素含めたりもできる。

中東と前回のMAP構成でお伝えしたが、砂漠を表現するには難しく渓谷を作るには重過ぎる。しかし砂漠を再現するにもグリッドで山をいくつか作っておかねばならない。結果として中東から少し欧州よりに向かい、東欧、いわばチェコとかの緑が多い地域の再現を目指すがこれに加えて新たに高速道路基地でも設けようかと思っていて、当然ながら破壊できるもので作る予定でいる。となると高度はあったほうがいいので必然的にグリッドを使用するが高速道路は高架タイプではない。この滑走距離も問題だが滑走可能範囲から不可能範囲の線付けとしてフェンスを使用してみる。だがこれはまだ未作成なので少し練って考え直すかもしれない。

後地上に置くタイプのは一度置いてみてある。

Highway.jpg

手前がハンガーで4000mの”高速道路型”滑走路
これは爆撃で壊す時手前を壊さないと離陸できてしまう。



またはハンガーにCV設定をしておいてそちらを壊されると離陸不能とするか・・・。
ちなみにこれはソフトシェルター、つまり滑空砲とかの攻撃をうけないようなシールドを両サイドに設置するつもりで、対空兵器に関しては固定対空砲のみ。

一応高架タイプのは現時点のシーナリーエディターは使用不可能だが、次から滑走可能範囲の高度が上げられる仕様になるという事なのでグリッドを使って元を作り、判定をつけた上で滑走路判定を持つ破壊可能なオブジェクトを敷く。そうするとSTPからの発進は不可能だが、着陸は可能になるというものが生まれる。
勿論爆撃によって破壊されるのは表面のオブジェクトのみなので着陸は簡単、というわけである。発進STPの場所はサービスエリアかインターチェンジを作っておき、それに馴染むような形でシェルターを置く感じになる。

また前回よりMAPが広くなっているのに基地は少なめのリアル重視マップなので空戦では当然ながら距離がある事が予想される。となると血の一滴(燃料)なんかや兵装を考えて出撃するほうが徳だし、ミドルレンジAAMの使用もそれなりに多発する。

なにより障害物が少ない平野で作戦を遂行する事になるので難易度はむずかしめ。なによりWW3サーバーでこれが採用(無いと思うけど)されればECM、ECCMと爆撃機、及び制空権の確保が面白くなりそうである。
後は地上のSAMサイトなのだが、一応製作はしてみたが配置位置とSAMレンジの所為によって部分的には3箇所から攻撃されることになる。接近すればするほど対空砲火の危険性が増すような構造になるがそれはスリルでもあるし破壊する楽しみにもなるだろうと思う。

まぁそもそも遠・中・近距離全てを一箇所で補うようなタイプではないのでSAMサイト構成は以下の通りになる。

・遠距離1、近接護衛2。
・中距離1。
・中近距離1づつ。

驚異的な範囲を少し考え直して空戦エリアと別に基地の護衛として置くが、かつ有効的に働かなければ戦術が生かせないのもある、だからといってでしゃばり過ぎるとSAMレンジによって高度が上げづらくなってしまう。
うまくDAT調整しつつ行っているがうまくいくだろうか・・・。とりあえず今は風景をどうするかを基本的にテストフィールドで行っている。地上戦部分が主だが、国境線を隔ててとなると川の中洲に作るのがいいのかもしれない。ただそうすると大きさの制限が掛かりそうなので悩むところ。

グリッドを多用すると重くなってしまうのも少しネックだな。

高速道路STP、官民共用空港1、専用基地は1で敵も同様。STPは滑走路とヘリコプター発進用、このヘリコ用は野戦滑走路を製作した上で使用するという制約をつける。破壊可能な800m滑走路を各IFFに置き、位置は同じくらいの距離をもってして移動させる。

となると対ヘリ戦闘は前回からは少し遠ざかる結果となる。空戦もそうだが基本は移動で戦闘する時間の方が少ないのが当たり前、それをYSでやるとなると少し考えた行動が必要になるので面白い。
また滑走路からの発進数の方が多く残燃料を気にしつつ上空待機を行う可能性も出てくるだろうし。

後はちょっとした面白みが溢れる物をいれれば完璧になると思う。
このベータに関しては修正する余地が無いほどに仕上げたい、勿論重さは最低限、軽さ重視で行うから山とかはなるべく避けたいし、ミッドレンジAAMの活躍の場も設けたい、AWACSの重要性とか技量次第で変化する戦況、先立って行われるミサイルサイト破壊・・・色々考えなければならないし、ミサイル設置に関しても戦域を考えながら行わなければならないので非公開のテストフィールドで一つづつ入念にチェックをいれつつ行っている、だからこちらで公開する部分に関しては実際に公開するフィールドとは少し違った様相を見せるかもしれない。ちなみにテストフィールドは現在は非公開ですが、沖縄と一緒に公開して製作した飛行機や艦船、陸上兵器、またオブジェクトや分割されたシーナリーの景観テストなんかに役立ててもらおうかと思っています。

SU-30pt2.jpg

街部分の分割シーナリー景観テスト。
またも流用だけれど今回は地上オンリー。



この橋を渡った中州あたりに地上兵器テストSTP市街地内には狭い所に戦車と対空兵器多数。
レーダーに映らない敵も居たりする。

Su-30pt1.jpg

はいはいバカやりました。
エースコンバット6は買うよーYS関係ないけど。



またこのフィールドは基本的に2chMAP色で構成されてますのでGACなんかでエンデュランスモードとかやったりしてACMトレーニングにはなりますし、なにより地上ターゲットを置いておくと射爆撃練習にもなりますし。
大体400kmから700km近い広さ?だったかな。

街構成はKamijionみたいな感じでセッティング。

City.jpg

上から見るとこんな感じ。
面白みもない街だな。



ともかく、基地は分割してシーナリーにして読み込ませたり細々としたものは全てシーナリーにして設置したほうが早いし何より後で再利用が効く、だからこそ時間をかけて作っている。YSの進化はアップデートだけではないという事を2chユーザーに解らせてみたいのもあるし、こんな事も出来るのかよ!って驚く内容も隠しておきたい、だからこそ時間をかける。

ただそれだけに尽きる。
2007/09/09(Sun) 01:24:36
前のページ   HOME  
PR
忍者ブログ [PR]

Designed by A.com