忍者ブログ
プロフィール
HN:
whitewolf
年齢:
29
性別:
男性
誕生日:
1987/10/12
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カウンター
最新CM
ブログ内検索
アクセス解析
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2017/06/29(Thu) 07:40:24
なんか色々と突発的にやることが多い俺だけども今回もまた例外にもれず突発で。

08eedfa9.jpeg

29k
待ちきれずに。




一応いっときますがGACの29kとが”別”の代物です。
理由は調べていただければわかります。

これに乗じて29M/M2も考えたのですが、デモ機の迷彩塗装がかなりアレなレベルなのでどうしようか・・・。
とりあえずそれでもOVTだけではRSKミグ勢がかわいそうなので35DEMO辺りでも考えておこうかなぁ。でもこれだけにして他をやるのもいいかもしれん・・・うーん。

誰かに任せることにしますw
コラボレートっぽいのもたまにはいいしねぇ。

まぁ29kはストリージィとOVTでファルクラムの形状のノウハウは解ってたお陰で結構短時間で仕上がりましたが、フックの問題があるので解決し次第Rpにでも投稿させていただくとします。

人とチャットしながらだったので一部で途切れてしまいましたが、続きを書かせていただきます。まぁ今回はちょっと独特なつや消しが29K/KUBには施されていたりしていたので角度、見方によって深い色、明るい色と様々に変化する為わかりにくかった所為もありますがなんとか落ち着きました。

df3a34f0.jpeg


真上から。




最近のRp要素的な感じで動翼のラインやスラットの継ぎ目のラインを少しだけ加えることによって少々ではあれど見栄えがするので。というかF-16Kaiを投稿した時点で既に考えていたものだったんですが、その時点ではまだ細かい処理が難しかった所為もありあまり多用してはいけないだろうとその後は付け加えることをやめたのですが、前々回のF-14アップデートの時に主翼及び水平尾翼にパネルラインを書き込む作業を行って以来、なかなかの見栄えなので今後のアップデートで組み込んでいこうと決意したわけです。

49a9446a.jpeg


機銃口関連。



こういったのも今後デフォルトで組み込んでいきたいなぁと思ってる部分。
F-14では叶いませんでしたが、F-22ではそれなりにパネルラインをチマチマ整形したりし始めているので、時間をかけさせすれば工場から無塗装で離陸していく納入前の機体を作ることもいつかは叶うでしょう。しかしながらデカールになるか埋め込みになるかはその時その時で変わるので一概にいえませんが、デカールにすると遠距離飛行時、そういったパネルが動き始めてガタガタしてくるのが見栄えの点でよろしくない。
かといって埋め込みにすると手間と処理が恐ろしくかかってくるというのがネックな話。

c348be37.jpeg


横からー。



まぁどちらにしても実際にやるのと考えるのとでは大きく異なる事なので「どちらがいい」とは言い切れませんが好みの問題なのでしょう。後このパネルラインに関しては案外容易に行えるレベルの話です。ただ手間が掛かるのとベースモデルによってはヘタに切ると丸み設定が解けてしまい表面がなめらかになりにくかったり・・・なんてこともありますので注意を。

今回に関しては数時間でここまでいけたのがいいほうで、影もそれ程目だつものでもありませんでしたし、メタセコでサクサクやれるレベルの話だったので結構楽。

おそらく35からのリペイントはMiG-29ファルクラムシリーズを手がけた人であれば案外容易に行えると思うよ。
2008/06/11(Wed) 06:03:46
この記事にコメントする
NAME
TITLE
MAIL
URL
MESSAGE
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

無題
あ!あ! 左側のパネルも再現されとる!
2008/06/11(Wed)07:41:20 編集
無題
>猫氏
しっかり機銃口は再現しましたよ。
色の感じが納得いかなかったんですが、こんなもんかなぁってレベルに落ち着いたのでこのまま行きます。
詳細は追ってこの記事で解説するんでマターリお待ちください。
whitewolf@admin 2008/06/11(Wed)07:43:25 編集
無題
M2から派生したMiG-35をはじめとする一連の複座型はなんとも言えないです。
最新型に対する憧れと横から見た格好悪さが混じって不思議な感じ。
まぁMiG-29シリーズが再び注目されてるのはいいことですかね。
umaibow 2008/06/11(Wed)13:54:45 編集
無題
>Umaibow氏
MiG-29の改良型であるM派生型に関しては全く別物な見方が正しいんでしょうね。従来のスタイルを一新するかのような複座固定キャノピーや形状変更が加えられた部分に加えてファルクラムらしさを備えるちょっと謎めいた感じが印象的というか。
新しい、けど古くかっこいい。

でもやはり、改造箇所が実に無難でどうにも言えないというのが個人的感想という所でしょうか・・・。

実に複雑というかなんというかw
whitewolf@admin 2008/06/11(Wed)16:39:41 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
PR
忍者ブログ [PR]

Designed by A.com