忍者ブログ
プロフィール
HN:
whitewolf
年齢:
29
性別:
男性
誕生日:
1987/10/12
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カウンター
最新CM
ブログ内検索
アクセス解析
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2017/08/21(Mon) 02:13:49
9504b1bf.jpeg

アメリカ空軍次期主力戦闘機F-22Aの4001評価初号機です。
先日Rpに投稿完了いたしました。



まぁあれなんですけどね、ぶっちゃけるとNo.001じゃないんですがねこの尾翼ペイントつけてるの。
正確には4002でATF/EMDフェーズF-22の2号機に当たるんですが初号機の地味さがなんともいえないのでせっかくだし初号機でいいかーって事に。まぁ40XXナンバーつけてないし、気になる人居るようならDATだけ変えればすぐにチェンジできますしね、簡単簡単。

このF-22はATFProjectでYF-23ブラックウィドウに勝利したYF-22(Pav-1/2)を元に改良を加えた量産原型機ってところでしょうか。あまりF-22に興味がないので細かい事はサッパリですがF-ナンバーがF/A-に書き換えられたと思ったらまたF-に戻ったりと色々忙しい猛禽類ですが今回垂直尾翼に刻んだナンバーはF-22です。

画像にあったのはF/A-なんですが現在がF-なのでF-で行こうと言うことで。

案外簡単そうにみえるこのF-22なんですが、丸みを帯びたボディだけでなく見た目とは裏腹の細かいステルス性能向上対策が施されている訳で、再現どうするかなーとか思ったんですが結局ちょっとだけでもやる事にしたんですが、その少しでも結構厄介なのですよ。

43d16a4d.jpeg


ボディ表面ならこんな感じ。



ラダーの書き込みとエンジン部分の材質部分細分化に加え表面部分のインテーク(?の書き込み、キャノピー表面部分のライン、スラットまぁいうとキリないんですが、ここまでやって個人的に少し許せるレベルに。
Lockheed Martin種が多い私のリペイントですけれどもF-16、J-10、F-22とまぁブレンデッドウィングなのばかりで少々気疲れ起こしそうな具合です。

a8d19c91.jpeg


横からみれば解るかな、多分。



本格的にやろうとするとパネルラインの一枚一枚まで三角形や菱形で構成しなければならないのでめちゃくちゃ面倒なのも相まって曲者です。まぁGACで再現するレベルとしては妥当なんだろうかねぇ。

しかしまぁ、なんだ・・・。
個人的に言えばブラックウィドウが好きだったなぁ。

PAV-1/2が編隊飛行しながら空中給油してる場面なんか鳥肌もんだったっつーのに、なんでYF-22なんか選定するんかねぇ・・・F-22はとても現代的で従来の技術を用いて作られた堅実な物、F-23はとても未来的で先進的な技術を多数盛り込んだ機体ってところなんだろう。まぁコストとか考えれば22でも高いのかもしれないけれども、23のがよかったなぁ・・・。
2008/06/03(Tue) 16:13:52
この記事にコメントする
NAME
TITLE
MAIL
URL
MESSAGE
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
PR
忍者ブログ [PR]

Designed by A.com