忍者ブログ
プロフィール
HN:
whitewolf
年齢:
30
性別:
男性
誕生日:
1987/10/12
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カウンター
最新CM
ブログ内検索
アクセス解析
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2017/12/16(Sat) 20:08:18
2chMAP用の補給用オブジェクトを考えたんだが一応こっちで公開。
ミサイルキャリアーと補給用のリフトですね。

これらはASMISOVを改造したベースにラストチャンスゾーン(最終機体点検場)を敷設して行ってます。
IMPULSE氏が文の最初にあげていた補給車との位置に関する部分、これはタキシーラインにそって動くこと前提で解決できる問題かと思ったので実践してみることにしました。

9af2ba37.jpeg


ASMISOVTestBaseで。





ここの構造は図解すると結構簡単に補給できるようにしてある。

ラストチャンスゾーンは単純に機体点検だけなんですが応用して補給場にしてるとでも思ってください。
ただ、俺みたいに一旦山側へ抜けてターンして着陸する人間にとっては少し違う形を強いられる部分があるけども。

05d263d0.jpeg







滑走路端へ離着陸機が集中する対策は補給場手前側に一本誘導路を設ければよい。

ここの構造は単純に着陸した戦闘機が滑走路を抜けてタキシーウェイを通過>補給場へ侵入>補給>完了後誘導路を経て滑走路端から離陸滑走開始して戦闘空域へ戻る感じ。

ヴィジュアル面だと整備員でも配置したいところなんだけどそこまでやると重くなりそう。
一応ドリーとかそこらへんだけそろえて終り。

あとこれに20キロリッタータンカーでもおいときゃバッチリですんで少し作っておきます。
ボツっても自分の撮影用にとっときゃいいし。

ちなみにミサイルはWSCはUSの物をつかっているけれど、これ単純に一度に4機の補給が可能にして、ヴィジュアル的にUSにEUミサイルはおかしいから種類分けてIFF1だとUS物3、EU物1の構成、IFF4ならRU物3、EU物1(中東向け)なんかで構成すると臨場感あっていいかも。

ただ、ここで大型機に補給しようとすると問題があるので場所を限定するか何かの対策をとらないといけない。
そこは基地規模次第、滑走路規模次第といったところか。

ここではお手軽に補給できる考えを提案してはいますが、ww3では戦闘機乗りですのでボマーなんかは眼中に無い敷設の仕方ですけども一応タキシーラインさえズラせば問題なく補給可能です。

75eab948.jpeg


ちなみに大型機に関して。




補給車による補給可能範囲は狭くないように感じた。おいてあるモノやcoll次第で問題ないとも思うが、やはり乗り手のやり方次第なのも事実で、B-2やB-1の主翼展開状態レベルで横に長いのはちと厄介ではあるがB-1に関しては翼位置が若干高い+可動翼扱いなので当たり判定が翼に存在していないのでここでは記述を避ける。B-2に関しては前述したSSの補給場所でもタキシーラインから少し離れた場所でも問題なく補給できたのでタキシーラインを描く際に最大クラス機体でのテストランが必要かもしれない。

大型機であれど高翼配置であれば地上操作以外の問題など一切ないのでここで言及はしない。


e2c5a803.jpeg








しかし如何せん2chMAP導入は問題が多い・・・。
とりあえず自分の考えはこう。

・安全な着陸を行い滑走路脇のタキシーラインから速度0高度0状態で補給をする事にしても、結局の所現在の、いわゆるリログによる補給の方が断然すばやく再戦闘行動準備が可能である。リアリズムを遵守する人であれば補給地点付加の方が断然いいわけなんだけれども(かくいう俺も有ったほうがいいとおもうけど。
・前述した問題に加えて補給地点の爆撃を行われてもSTPからリログ方式での補給が可能である事実。
・GSC艦艇、及びGAC地上車両向けの補給ベース、または補給艦配備を確立したとしてもそこに陣取られると延々補給できる地上砲台or海上砲台となって遠距離攻撃、またはフル兵装状態でクリック&キー連打状態が可能になる恐れがある。(これはまぁ配備しなければよいだけなのだが一応)
・設置場所次第では補給地点が使われない可能性のほうが大きく、かつ戦略的な意味合いが失せる可能性もある。

なんていうか従来方式のやり方が仇になってんだよなぁ。
ラストチャンスゾーンはタキシーウェイ脇のランウェイ傍だから、IFF1であればUS1/EU1の形で滑走路両端に置いとけばいいが着陸して補給のためにゾーン入りしてターン>補給、そいで滑走路から離陸ってのもリアルでいいがやはり気軽さで言えば従来方式に勝るものはない・・・。

しかも爆撃されて補給不可能になってもSTPが生きるからそれが問題なんだよな。
仮に補給場所を空母STP扱いにして破壊されたら出撃不可能的な形にしても滑走路をやられても出撃できる状態になるってのもなんだか頂けねぇしなぁ・・・。

破壊されても問題ねぇ、むしろ逆に補給時間が短縮されまくって出撃されるとそれはそれでヤだしよ。


あーでも、補給車を破壊しにくくするってのも一つの手ではある。
けど見た目的に酷い。

ドンだけバカスカうっても壊れないタンカーにミサイルドリー・・・うーむ。
どっかで折れねばならんのだろうがどこで折れるか次第、か。
2009/05/09(Sat) 09:49:26
この記事にコメントする
NAME
TITLE
MAIL
URL
MESSAGE
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

無題
非武装鯖に補給車を置くイメージで、スタート時に燃料以外は全て0の状態するよう鯖側で設定し、出撃時には必ず補給車を利用するようにするのはどうでしょう。これなら片道攻撃以外でリログするメリットはなくなりますし、補給地点への攻撃が有効になるかと。

出撃に時間を要することにはなりますが、現実に即していていいのかなあと。
361@nt266 2009/05/09(Sat)15:02:39 編集
無題
補給ができるRWを前線に置いて、STPは後方に置くというのはどうでしょうか?
blackwolf 2009/05/09(Sat)20:09:51 編集
無題
>361@nt266氏
燃料を0にしてしまう案もいいんだけど手間になり気味にならないかな・・・確かに本来であればエンジンスタート、出撃にかかるまでは通常出撃では物凄い時間と手間が掛かってこそですけどYSじゃ常にエンジンは暖まってますしコンプレッサーも安全ピン抜きもいりませんからねぇ・・・。

>202
敵性航空機が飛来し、哨戒するであろう地域へ近いところに基地を設けたりするのは確かにいいかもしれない。ただ、やはり距離的な問題があるから基地間距離を上手く取るのは難しいねぇ・・・。
whitewolf@admin 2009/05/11(Mon)04:29:54 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
PR
忍者ブログ [PR]

Designed by A.com