忍者ブログ
プロフィール
HN:
whitewolf
年齢:
29
性別:
男性
誕生日:
1987/10/12
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カウンター
最新CM
ブログ内検索
アクセス解析
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2017/04/27(Thu) 23:57:56
実は私のGACRp製作カテゴリーにおいて「原型整備」というのが存在する。

勿論これは近年から実装したカテゴリーだが、既存公開されている機体のリペイントに用いる・・・または旧再塗装機に対して用いる手法だと思ってくれればいいかもしれない。F-16Cの日本型なんかもそうだが原型から見直して面の張り方や面の構成なんかを一部を除いてほぼ1からやりなおす事から始まる。

例えば丸みが足りない部分を分割化させ、4ないし3分割程度前後に分ける作業や両面化されている黒地部分を撤去したり自分が作業しやすいように一つの機体パーツをコンポーネント別に分けて分割させたりするのがメインの作業になる。

つい最近までリモデル中心だった俺だが最近は通常のリペイント+アルファで何か出来ないだろうかと画策していて思いついた手法だったりする。尤もリモデル中心に行っていたのが強く影響しているし、某雪風メイヴ製作者のモデリングが影響しているとも言える。

14f4e5e6.jpeg


F-4E




三面図ではなく見たまま、つまり画像から読み取る事を常としているので基本的に図面はアテにしていない。
実機を写した画像の撮影時の角度や諸々を考え念頭においた上で手間とも言える作業を延々とやっているのだが、これをやらずしてリペイントは始まらない。

むしろいつか同じ機種をリペイントするとなれば其の時使えるのだから先々を考えて有効だろう。
尤も、F-4ファントムのように初期、中期、後期と機首形状から搭載コンポーネントの全てにおいて変化がある機体では改造も止むを得ないのだがそれでも共通している部分は使えるし、機体の設計から変更を加え形状が0と1ほど違うわけでもない以上使える部分は大いにある訳だ。

少なからずこの作業を入れることで手間は増える・・・が、リモデルで既存GAC機との完成度の点でバラつきが出始めたGACワールドにおいて原型整備から始めることはワールドの可能性を飛躍的に広げる一歩となれば良いと思っている。国内のみならず海外でもGACはそれなりの評価が出始め、各地でリペイントが普及した今だからこそ俺は他の人と一線違うワンランク上のグレードで多くの人に乗ってもらいたいからやるのであってそれ以上の意味はない。

またDATにおいても遊びすぎた前期と中期を一新する意味で近いうちにGACのそれと見比べ、再度考慮して再統合を果たす必要性がある。今後は機体原型のみならずDATからマーク一つにおいて妥協せずにやっていくだろう。

20c9d252.jpeg


とりあえず後はコックピットとエンジン周りだろうか。




これに動翼線を描いてミスチェックと画像のオーバーレイを施して形状確認して、際立ったパーツを製作して完了といったところか。この時点では基本的にDnm化は避けておいている。影の発生箇所なんかは見れば解るし、この時点でやってしまうと変更を加えたり塗装をしたりする際に面倒だからな。

とりあえずそろそろF-4Eでいい塗装探していってみるかなぁ。
ベターだけどベトナムっぽい在りし頃のアメリカ空軍ウッドランド系4Eは決定だな。



非常にどうでもいいがProject-FairyAirCombat2ndStageってことで ファーン・ザ・セカンドを進めてたりする。
極秘につき画像は掲載しないが揚力コンポーネントの部分なんかが謎だらけでいまいち掴めない。

某ブログにおいて画像は見つけたのだがそもそもファーン・ザ・セカンド自体謎。

・Fern2ndはFFR-31の機体保有数不足を補いつつ、JAMの高性能化に対抗する設計じゃないっけ
・揚力コンポーネントと各主尾翼が個々に可動するという事は生産面においてパーツ数増加に伴ったコスト高になるんじゃ。
・その高コストを度外視して余りある性能とはとても思えない。
・AOAと速度によってコックピットが最適位置に移動するのか否か。
・ランディングギアの格納方法に無理がある。
・少なからずロールは早そうだけどピッチアップ方向で迎え角取る時に若干の抵抗があってもおかしくない。
・無人運用のシュリーカー隊と有人のグリフォン隊2種に加えてフェンリル隊でも付け加えておく(wolfだけに
・機銃何処。

なんとも奇妙な揚力コンポーネントをぶら下げた新しいタイプの機体ですが確かに機動性はよさそう。
しかし、離着陸時に迎え角を取りすぎると翼にクリーンヒットする可能性があるからAOA+5以上で接地できないようにしておくか、または揚力コンポーネントを含めた主尾翼の離着陸形態への可動も視野にいれつつ。

これでカナードまでついてたらすげーことになってただろうな。
翼の多さって意味で。
2009/02/21(Sat) 14:31:51
この記事にコメントする
NAME
TITLE
MAIL
URL
MESSAGE
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

無題
>機銃何処。
機銃撃ってるところをはっきり映したシーンは一つしかないみたいだね
ttp://www.youtube.com/watch?v=lXpCj13wp9A
この動画の7:38の辺り
だいぶ後ろに搭載してる感じだけど大丈夫なんだろうか?
Myrsky 2009/02/21(Sat)20:48:44 編集
無題
Myrsky
機銃の収納スペースが凄いとこに・・・。
これバルカンだったらF-22Aとかと同じような給弾仕様なんだろうなぁ・・・そうじゃねぇと納得できねぇw

しっかしコンポーネント無茶苦茶集中してるなぁ胴体中央。
whitewolf@admin 2009/02/22(Sun)11:03:41 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
PR
忍者ブログ [PR]

Designed by A.com