忍者ブログ
プロフィール
HN:
whitewolf
年齢:
30
性別:
男性
誕生日:
1987/10/12
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カウンター
最新CM
ブログ内検索
アクセス解析
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2017/11/20(Mon) 18:34:28
新しく実装しました島々に敷設してあります空港と既存あります空港の出来が明らかに違うので、急遽といいますが結構長期的なハナシではありますが修正しております。

ここ最近こちらで雑記が無かったのもリペイントを行っていないのもこれから。

d7cc4f00.jpeg


滑走路をテンプレート化したお陰で結構楽に。





2c4c5332.jpeg


ちっと違うかもしれん。




グラデーションポリも従来型から切り替えまして、上のSSを見てもらうとわかりますが既存実装されているグラデーションポリゴンに置き換えております。少なからずこの状況は非常にまずいので残存している那覇、普天間、嘉手納の3空港も処理しなければならないので宮古島空港、下地島空港を後回しにして3空港完成した時点で無条件でアップします。

遅延しまくってサーセン。

多分WSCと同時期アップデートになると思います、今後もよろしく。
2009/04/06(Mon) 21:33:09
この記事にコメントする
NAME
TITLE
MAIL
URL
MESSAGE
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

無題
南西諸島シーナリーをちょっとお借りします(謎
Mr.J 2009/04/06(Mon)22:01:37 編集
無題
!?
どうするつもりなんだろうか・・・w
whitewolf@admin 2009/04/06(Mon)22:05:21 編集
無題
先生、フェアリーの空が飛びたいです。
http://www.youtube.com/watch?v=b4189KxaIFc
PC版~妖精の舞う空~よりプレゼン
…3.42にてエアブレーキの確認
http://www.platz-hobby.com/index.php?main_page=popup_image_additional&pID=591&pic=0&products_image_large_additional=images/x-9_01.jpg
カナードの下、薄緑のラインが絞られるあたりのそれが前方に跳ね上がりさらにその中から小さなエアブレーキが跳ね上がるようです。
OVA一話でFFR-31MR「B-507ランヴァボン」の着陸シーンで同形状のエアブレーキがあること(チェックリストを持つ零の立ち絵、空のB-503ハンガー~ブッカー「飛ばない気楽さを、選んだつもりだったんだが…」の間)は知っていたのですが…
FRX-00にはF-15のような大型エアブレーキ(ライフポッドの後方、燃料口が隠れている白い部分のさらに後方の黒く中央がえぐれている部分)がついてます(OVA二話最後のほう、雪風着陸シーンにて確認)レイフ、フリップナイトも同形状ですから同様でしょう。
OVA4話にてFFR-41MRの燃料容量が判明(BAX-4の説明、険しくなる准将の顔アップ~給油終了「グッドラック、ブーメラン」の間)
機内が4500×2、胴体左右部HP増槽が3000×2、胴体中央HP増槽が4700、合計18700T,FUEL
さらにこの後ブッカー少佐の語り中メイブの右斜め下からのアングルがあります。
上下インテークの構造とか機体内蔵型偵察システム(ベロ)と胴体ストレーキの関係とか…結構見つかる見つかるwww
Lt(1st) 2009/04/09(Thu)03:42:22 編集
無題
訂正;
×合計18700T,FUEL ○合計19700T,FUEL
追伸;
OVA4話後半JAM撃墜後(零「ジャック、このままじゃ海水浴だ」~ジャック「国際条約があるんだ、嫌とはいえないよ」の間)のメイブの旋回シーンで貴方の気になるあそこがまるっとズバッと見えちゃいますw
Lt(1st) 2009/04/09(Thu)04:01:53 編集
無題
一応言っておきます。
フェアリーシーナリーにまで及ぶ可能性は今のところ限りなく0に近いです。

後修正点に関しては今のところ再実装予定はありません、ご了承ください。
ちなみに今回提示された内容に関しては導入しかねる部分、つまりエアブレーキ等の飛行中アクティブに動かせる部分、フラップもしかり動翼しかり稼動させるつもりは一切ありません。
DATの修正は適当に行いますが味として、また映像中の演出を素として数値決定している部分が多々あるので、例えばギアに関してもそれの動作に関してもOVA戦闘妖精雪風のそれらと違うものがあります。
勿論それの意図としてはwhitewolfのYSFSGACRpにおける自分らしさであり、正確無比に作る必要性に欠ける部分だったからこそああいう手段をとったまでで、特筆して直す理由に欠けますので変更はいたしません。

FFR-41MRに関しては下部を突き詰めてノズルをやり直してってなレベルで終わりになるかと思います。また、今後もFAF機は作りますが完璧を求めるよりもそれらしく出来ればよいと思ってますので今後リリースされる機体に向けて参考になさってもらえれば宜しいかと。

それでは。
whitewolf@admin 2009/04/12(Sun)08:05:51 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
PR
忍者ブログ [PR]

Designed by A.com